重機査定の依頼方法【振込後の金額も要チェック】

重機の査定金額の振り込みについては契約時に確認しておこう

重機の引き渡し方法

買取対象の重機は簡単に運べるものではなく、自走させるか専用トレーラーで運ぶことになります。優良業者は買取の際に無料で引き取りに来てくれますが業者によっては自分で運ぶ必要があったり、引き取り費用を請求されるので注意しましょう。

重機買取の流れ

重機

査定を依頼する

電話かWEBで査定依頼を出します。メーカーや走行距離などすぐに確認できる情報は事前に渡しておくとこの後の査定がスムーズに進みます。

現物を見ながら査定

傷の具合やスムーズに動くかは現物を見てみないとわかりません。売りたい重機を実際に見てもらうことで正確な査定額が算出できます。

必要書類受け渡し

査定額に納得したら書面の手続きを進めましょう。売買契約書はもちろん、車検証や印鑑証明などが必要です。車種によって必要書面が異なるので注意しましょう。

契約時に合意した方法で引き渡し

契約時の引き渡し方法に沿って引き渡しを行います。業者が引き取りに来てくれる場合は気にする必要がありませんが、自分で運ぶ場合は自走させるか専用トレーラーの手配を怠らないようにしましょう。

振込か現金の支払い

振込による支払いが主流となるので、支払い日は事前に確認しておきます。売却際の信頼性に不安があるときは受け渡し時の現金払いを交渉しておくのも手です。

重機査定の依頼方法【振込後の金額も要チェック】

電卓を持つ人

見積もりは複数取って比較しよう

同じ重機でも業者によって査定額には差が出ます。査定の評価ポイントが違うことや業者の持つ販売ルートにもよるので見積もりは必ず複数取りましょう。買取時の細かい条件も価格に跳ね返ることがあるので必ず比較してください。

重機

インターネットを使った依頼方法

メーカーや走行距離や社名の有無がわかればインターネットで査定を依頼することもできます。概算で構わないからすぐに査定額が知りたい場合は便利です。実際に売却する場合は現地査定の予約をインターネットで取れることもあります。

ウーマン

買取金の受け取り方法

原則は振込の支払いです。引き渡し日から数営業日で個別に処理をしてくれれば比較的すぐにお金が手に入ります。指定日にまとめて処理をしている会社だと時間がかかってしまいます。金額の多寡でも振込日は影響するので契約時に確認を怠らないようにします。

事前に流れをチェックしておこう!

必要書面が間に合わない、引き渡し日に渡せないなど初歩的なトラブルは事前の準備で防げます。業者が査定に来てくれた際に買取の流れを確認し、不要なところで時間を使わないようにしましょう。

広告募集中